リウマチ患者の和ごころ

心理カウンセラーであり、プロのリウマチ患者(笑)でもある桧蕗子のブログです。生きづらさを抱えている人が少しでも前を向けるよう、寄り添います。

心にぽっかりと穴が開いたら

心にぽっかりと大きな穴が開いたように感じることってありませんか?

 

大切な人やモノとお別れしたとき、全力を尽くしてきた仕事を辞めたとき、一生懸命に打ち込んできたことが終わってしまったとき等々。

 

人によっては、ご自分を責めることがあるかもしれないですね。

 

泣ければ楽なのに、涙が出ないほど悲しくて、ツラくて、胸が締め付けられるように苦しくて、出来ることなら過去の「あの時点」まで戻りたいと思うかもしれません。いっそのこと、出会わなければ良かったとすら思うかもしれません。

 

どれだけ後悔しても、残念ながら時間は巻き戻すことが出来ません。

 

自分一人のことであれば、間違ったと気付いた時点でやり直すことは出来ますが、それが叶わないのであれば、後ろ髪引かれても、歯を食いしばってでも前に進むしかないんです。

 

けれど、どうか忘れないでください。

 

それだけ大切だと思えるものに、あなたは出会うことが出来たんです。

 

それだけ心動かされるものに、生きている間に出会えたことは奇跡なんです。

 

だから、無理に忘れる必要はないんです。

 

あなたが大切だと思ったものは、離れていても大切に思っていて良いんですよ。