リウマチ患者の和ごころ

心理カウンセラーであり、プロのリウマチ患者(笑)でもある桧蕗子のブログです。生きづらさを抱えている人が少しでも前を向けるよう、寄り添います。

あなたには価値がある

自分以外の誰かに対しては自信を持って言えました。

 

「あなたには価値がある」と。

 

ものすごい確率で、それこそ、宝くじに当たるよりずっと低い確率で(一説によると、1億円の宝くじに100万回当たるぐらいの確率だとか)、この世に生まれてきたのだから、そこにいるだけで、生きているだけで充分価値があるのだ、と。

 

それが、どういうわけだか、私は自分に価値があるとは思えませんでした。

 

何を聞いても、何を読んでも、頭では理解できるのに、腑に落ちませんでした。

 

おそらく、子供さんをお持ちの方は、「自分がいなければ」と強い使命感を持ってらっしゃって、「この子には充分価値がある、つまり、この『価値がある子』を育てる自分にも価値がある」と思えるでしょうから、私の言葉を全然理解できないかもしれません。

 

ただ、こんな私でも、「100億あげるから、あなたの目と耳と心臓と脳を売ってください」と言われたら、即答でお断りします。

 

ということは、私にとって、私の目と耳と心臓と脳には、少なくとも100億以上の価値があるわけです。

 

納得できるような、できないような(笑)