リウマチ患者の和ごころ

心理カウンセラーであり、プロのリウマチ患者(笑)でもある桧蕗子のブログです。生きづらさを抱えている人が少しでも前を向けるよう、寄り添います。

睡眠時間の長さ

毎日ブログ記事を投稿しようと思っていたのに、早くも毎日じゃなーい(๑´ڡ`๑)てへぺろ

 

それはさておき。

 

人間は等しく一日24時間を与えられています。

 

学校や職場で過ごす時間って、長いものです。部活やサークル、残業等で一日の半分以上を費やすことも少なくありません。

 

日本人は得てして睡眠時間が短い傾向にありますが、それでも5~8時間は睡眠に充てているのではないでしょうか。

 

 

残った時間で食事や入浴、掃除、洗濯、勉強etc…と、することって本当にたくさんありますよね。

 

すること、やりたいことがたくさんあって、睡眠時間を削ってしまう、という方も多いと思います。

 

ロングスリーパーショートスリーパーという言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょうが、その人に最適な睡眠時間の長さは人それぞれです。

 

ショートスリーパーの方が長く寝てしまうことはほとんどないと思うので問題ありません。

 

ロングスリーパーの方が睡眠時間を削った生活を続けた場合、当然、(自覚症状はなくても)心身ともに負荷が大きいため、イライラしたり、病気になったりします。ケガをしている人は治りが悪いでしょうし、もともと何らかの病気を持っている人は症状が重くなることもあります。

 

昔一緒に働いてた上司は、社会人になりたての頃に連日3~4時間睡眠で、精神を病んで一ヶ月の入院を余儀なくされたとおっしゃってました。

 

私調べによると、「睡眠時間が長い」かつ「寝る時間が22時以前」の場合に最も痛みが軽減される気がします。ストレスフルな時、不規則な生活が続いた時は痛みが増します。(リウマチは痛みが特徴の病気ですからねー)

 

それだけ、睡眠時間は人間にとって大切なものです。健康にも、美容にも。

 

特に女子中高生はホルモンバランスの関係でたくさん寝させてあげたほうが良いとか。かくいう私、そんなことは全く知らなかったので、学生時代の睡眠時間は短かったです。特に高校時代(睡眠4~5時間)。

 

ついでに、よく「腹八分が良い」と言われるのは、体の細胞たちを修復させることにエネルギーを使いたいからです。満腹状態だと修復よりも消化が優先されてしまうので、「朝起きた時に疲れが取れない」原因になります。

 

と、頭では分かっていても、食べ過ぎちゃうんですよね~ ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

 

すること、やりたいことがたくさんあっても、出来ることなら、睡眠時間はしっかり確保することをオススメします。

 

質の問題もありますが、それはまた別の機会に。