リウマチ患者の和ごころ

心理カウンセラーであり、プロのリウマチ患者(笑)でもある桧蕗子のブログです。生きづらさを抱えている人が少しでも前を向けるよう、寄り添います。

なかなか寝付けない人へ

色々考えてしまって寝付けない人って、一定数いらっしゃると思うんですが。

 

私自身、ベッドに横たわっても何時間も寝付けず、朝方になってようやく眠りにつく…なんていう学生時代を過ごしました。

 

社会人になってからも、面接・面談前日や仕事で超ストレスフルな状態になったときはなかなか寝付けませんでした。

 

こんな時、交感神経優位で、常時戦闘モードになってるんですよね。

 

そもそも、持病をお持ちで、毎日薬を服用しないといけない方は、交感神経優位になりがちです。

 

副交感神経優位にしてリラックスしないと、寝よう寝ようと焦って余計に眠れなくなる悪循環に陥るわけです。もしくは、羊を延々と数える羽目になります(笑)。

 

では、どうやって副交感神経優位の状態にするのか。

 

それは、呼吸です。ひたすら呼吸に集中してください。

 

深呼吸するように、ゆっくりと細く長く息を吐いていき、体中の空気を吐き切ったと思ったら、今度は鼻からゆっくりゆっくりと新鮮な空気を吸い込む。そしてまた、ゆっくりと細く長く息を吐く。その繰り返しです。(※腹式呼吸です)

 

すると、副交感神経が優位になって、いつの間にか眠れます。

 

普段、何も考えずに、自動的に体がしてくれている呼吸ですが、不安な時、怒っている時、悲しんでいる時、緊張している時、痛みが強い時は呼吸が浅くなっているので、それらを軽減させたい場合も呼吸は重要な役割を果たします。

 

すごいですよねー、呼吸。

 

余談ですが、呼吸は、「吸って吐く」のではなく、「吐いて吸う」ものです。(漢字の並び通り)